一定期間更新がないため広告を表示しています

こんにちは!さかいです。DENGEKI小屋入り2日目。本日は各団体1時間ずつのリハーサルを行っております。



明日から始まるDENGEKI VOL.8。予選の前売りは本日までの受付となっておりますのでお急ぎください!500円の差は大きいですよ!(Aブロックは完売しました。)


さて、団体紹介も今日で最後。

優勝盾と共に熊本に帰ってくる、現在DENGEKI2連覇中のあの団体。


"想像力は水槽の世界を宇宙の端まで広げる"

演劇集団 宇宙水槽


●どんな団体か教えてください。

→鹿児島市で活動する社会人劇団! 若手若手と言われていましたが、もうすでに8年目。メンバーもだんだんと30代になってきています。

 基本的に、代表宮田が脚本演出を行い、ファンタジーやSF、少し不思議な世界で起きる喜劇や悲劇を描きます。

 巨大な装置、かわいい衣装、綿密な小道具などすべて手作りで、そのぶれない世界観をお客さんに提供します。


●DENGEKIでももうお馴染みの彼ら。毎作毎作、内容も、仕掛けも、手間暇もやり過ぎ盛りすぎな贅沢盛りでやって来るんです。実は宇宙水槽、つい先週鹿児島での本公演が終わったばかり。そんななかでのド新作「大嘘つき」はどんな作品ですか?

→この度は、代表宮田晃志による一人芝居を持ってきました。自分のもつ演劇観を、ひたすらに嘘をつき続けることにより表現してみようと思っています。


熊本でしかできない、若干実験的な内容になっています。ぜひぜひその物語を堪能してみてください。

●DENGEKIでは"大人数""ド派手""ハイスピードコメディ"でお馴染みな宇宙水槽。今回は一人芝居でシックにいくんですね。とはいえ、仕掛け作りが巧みな宮田さん。何かある予感です。


●注目ポイントはどこですか?

→「私はこれから嘘をつくので、けっして騙されないでください。それがこの物語の目的です。」


●なんと意味深な。。。宇宙水槽から皆さんへの挑戦ですね。受けて立とうではないですか!

●それでは最後にお客様へひとこと!

→ 前回DNGEKIの優勝しました副賞を使い、今年も12月に熊本でお芝居をする予定です。宇宙水槽の最新作「犯罪王クロイツ」が熊本でも見ることができます(12月7,8日)機会あれば、興味あれば、気になったら、ぜひぜひ観に来てみてください。圧倒させてみせましょう!!

●まさかの次回作予告(笑)

DENGEKIはもちろん観ていただくとして!ですね(笑)

実は私、先週あった同作鹿児島公演を拝見したんです。いやー、物語にしても舞台装置諸々にしても"圧巻!"の一言でした。是非12月の熊本公演もお楽しみに。




くまもと演劇バトルDENGEKI vol.8

【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円

※予選両ブロック通し券は2000円

 

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL  http://dengeki.main.jp/



こんにちは!いよいよ本日より小屋入りでございます!

朝から会場設営が行われております。夜からはリハーサルも始まりますからね、ついに来たなーって感じです。

団体紹介も後2組。今回はこちら。


"路地裏の演劇集団"

Mr.daydreamer


●さっそくどんな団体か教えてください。

→福岡で活動している団体です。トラジディ(現代悲劇)の創作を行っています。作、演出を固定しないことで、様々なタイプのお芝居を提供しています。

●Mr.daydreamerさんは作品はもちろん宣伝美術等も毎回凝ってますよね。作演出は変動して幅が広い一方で"らしさの統一感"があるからこそ、福岡でも人気でいらっしゃるんだろうなぁとおもいます。 

●さて、今回の作品はどういった作品でしょうか。

→今回上演するのは『赫銹』という作品です。概念的な世界の中で、一人の男が抒情詩を書き続けているお話です。いくつかの世界や時代が、ゆったりと絡み合って、「赫銹」という詩集が書きあがっていきます。


Mr.daydreamerとしては、一年ぶりの一人芝居です。

一見すると複雑そうに見えるお話ですが、穏やかな音楽を聴くように、気楽に観ていただけたら、きっと何か感じていただけるものがあるのでは?と思います。


●脚本を拝見したんですが、人物の自伝であり、皆さんへの問いかけであり、詩でもあるなぁという印象でした。悲哀のある力強さで"こういうのが観たかった!!"と思う方も多いんじゃないかなぁと思います。短編ですけど、見応えは大作級ですよ!


●では、お客様へひとこと!

→初めて熊本の地でお芝居をします。正直、ドキドキです……。

熊本の皆さまに気に入っていただけるか不安ですが、私たちの精一杯のお芝居を持っていきますので、よろしくお願いします!

●次回新作公演の稽古の最中、熊本まで来てくださってありがたいかぎりです!福岡学生演劇演劇祭でも"でいどり。"として注目を集めた皆さん、熊本初上陸は見逃せませんよ!!

(次回作サロメのフライヤー。11/2から)




くまもと演劇バトルDENGEKI vol.8

【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円

※予選両ブロック通し券は2000円

 

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL  http://dengeki.main.jp/



こんにちは!いよいよ日にちの迫るDENGEKI。なのに書き上がらない紹介ブログ!!!10組いるんですもんね。10組が1日で演劇メドレーだなんて、いやー、やっぱり贅沢な企画。

ではでは、今日も酒井が紹介ブログ書きますよー。



"中学生男子の哲学入門"


CONTE&ACT噐



●どんな団体か教えてください。

→CONTE&ACT噐と申します。『器』ではなく『噐』と書きます。コントと演劇の狭間のようなコントする、芝居ユニット兼コント集団です。メンバーは公演毎に変わりますが、主に高校時代、共に演劇を行ってきた仲間と行っています。公演では、独立したコントをいくつも合わせて上演するオムニバス形式を採用しており、単純な『笑い』の面白さから、言葉遊びや哲学といった『考える』面白さといった様々な『面白い』を伝えることが目標です。ぜひ観てください。

●なななななんですと?"噐"なんですね(゜ロ゜)私ずっと器だと思っておりました。失礼しました!! 

高校演劇の仲間で結成とは、高校演劇をやっていた私にはグッと来るものがありますね。公式Twitter呟きや稽古写真も独特で"中学生男子の哲学入門"のキャッチフレーズとの愛称の良さを感じます。



●では、今回の作品はどういった作品ですか?

→今回のテーマは『折衷』。別々のいい所を掛け合わせてより良いものにする、という意味があるそうです。上演作品は『和洋折衷』『小僧と飛脚』『ニヒリズム』『オチつく人』。コント4本を25分間で上演します。各コントは短く、あらすじが全貌なところがあるので、あらすじの説明ができません。すみません。哲学要素や言葉遊び要素が含まれている作品群とだけお伝え致します。ぜひ観てください。

●25分で4本。DENGEKI史上最多の本数じゃないですかね?タイムアウトにだけは気を付けて!!!

●ずばり、見どころはどこでしょう?

→見どころは、まず、男三人の『バカ』加減と、それでも『真面目』にコントをやっている『バカ真面目』な空間だと思います。『真面目』に『バカ』をやることこそ、噐の良さであると自負しております。噐らしさを観てください。次にコントの中に折り込まれている小ネタの数々にも注目して頂ければ幸いです。これでも『真面目』に作ってます。考えています。ぜひ面白かったら笑ってください。最後に、コントの中には、考えて頂けるポイントがあるということ。『あーそういうことか』『あれは一体どういうこと?』など思って頂いたり、終演後お近くの方と話して頂ければ幸いです。ぜひ観てください。

●この記事のコメントを読んでも皆さんの真面目さは伝わってきますよ。

馬鹿馬鹿しいような笑いと、真面目な思考の共存ですか。是非前のめりになって見ていただきたいですね。



●最後にお客様へひとことお願いします。

→頭空っぽにしても楽しんで観て頂けると思います。それにコント集なので、短編の中の更に短編。見やすく仕上がっているとも思います。しかし、やはり目標は『考える面白さ』。味わって頂けるよう頑張ります。そして何より、楽しんでください。我々噐も全力で楽しみます。ぜひ観てください。

●すでに熊本で自主公演を3度も行っている、勢力拡大中の注目若手ユニット。こだわりの作風、是非一度味見してみませんか?噐の皆さんはBブロックに出場します!



くまもと演劇バトルDENGEKI vol.8

【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円

※予選両ブロック通し券は2000円

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL  http://dengeki.main.jp/



こんばんは!

ご予約どんどん頂いております。

【チケット状況】

Aブロック 完売

Bブロック 少なくなってきました!

本選    10席を切りました!


今年は沢山の飴玉が早川倉庫を舞いそうですね!さぁ、今回も団体紹介にまいります。




"益城産の益城の子ども=ましきっず"

ましきっずプレイヤーず



●どんな団体か教えてください。

→ 熊本地震後、10ヶ月ほどして結成された子ども劇団。益城町の子ども達の心の開放をしてもらおうという事で発足。現在は子ども達が供に楽しんで創作することに重点をおいてます。

メンバーは小4〜中2まで、在籍16名

●地震を契機に演劇を始めた皆さんが、今は演劇を楽しんでいるというのは同じ演劇を楽しむ者として嬉しいですね。ましきっずの今を沢山の方に観てもらいましょ!


●では、今回の作品のあらすじと見所を教えてください。

タイトル:バルーンストーリーDENGEKI編

あらすじ:キボウの風船を巡る子ども達の話。様々な欲望を封じ込めた風船を割ってしまった人間達は、病に侵され、互いを憎み、ついには殺人迄。そんな中最後に残ったのはキボウの風船だった。

************

オリジナルの歌とダンスかな?


●歌にダンス!?他の団体とは少し違ったスタイルがみれそうですね!



●最後にお客様へひとことお願いします。

→自分達が今出来ることを、精一杯やります。益城町に遊びに行きたいなと、思ってもらえたら幸いです。

●ありがとうございました。

益城町の太陽でもあるましきっずプレイヤーずさんのDENGEKI初挑戦。

楽しみです。



くまもと演劇バトルDENGEKI vol.8

【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円

※予選両ブロック通し券は2000円

 

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL

http://dengeki.main.jp/


こんばんは!ついに来週と思うとそわそわしちゃいますね。例年この1週間でご予約がドッと増えるのですが、今年はありがたいことに、Aブロックは前売り完売しております。ありがとうございます。

当日券の有無については会場設営後にまた改めてお知らせいたしますのでお待ちいただきますようお願いします。


Bブロック、決勝の前売り券もだんだん少なくなってきております。Bブロックも魅力的なラインナップとなっておりますので是非ご検討ください!


ということで、今回はこの方々のご紹介。



"ひたむきに、熱くはじける!

〜WAKUWAKU〜MIWAKU!!!"



●どんな団体ですか?

→「MIWAKU」とは、役者・ダンサー・ナレーターなど、多彩な魅力を持つメンバーが結集して、福岡から上質のエンターテイメントをお届けしたいと誕生したガールズエンタメユニットです。エンタメってなに?と模索しながら、Cafeでの演劇公演「ゲキ×カフェ」では、九州の演劇人と短編芝居を毎回6〜7本創作し、vol.1~3まで、おかげさまで、毎公演・満席早期完売を頂いております。

 今回、県外での公演は初めてなんです〜どうぞ、よろしくお願い致します。

●演劇だけに留まらないマルチなエンターテイナー集団!

公式YouTubeチャンネルもありますよね?見ました!街歩きや博多弁講座などほんとになんでもされるんだなぁと驚きました。

気になった皆さんは予習もかねて是非ご覧ください!


●それでは、今回の作品の見所を教えてください。

→カフェで演劇「ゲキ×カフェ」で上演した作品から2作品を上演します。

【有門正太郎 作・演出「4K」】見える?見えない?えっ私だけに見えてるの?ま、まさかのホラー!?

【大迫旭洋 作・演出「想う」】会費4,000円、ちょっとおしゃれな居酒屋。29歳になった私は、ヒールを履いて同窓会に行くあの人がいる同窓会に。これは私の、私たちの物語。

*********

 「4K」・「想う」 渾身の2作品、すべてが見どころです!


●有門正太郎プレゼンツの有門さんと、不思議少年の大迫さんからの書き下ろしということで、脚本自体にも注目ですね!


●最後にお客様へひとことおねがいします。

→トップバッターなんですよ・・・

判断基準に悩むところですよね・・・わかります。

ご覧いただき、お気に召しましたら、単純に、飴玉をひとつ、MIWAKUにくださいませ。

早川倉庫という素敵な空間で、ともに演劇三昧の時間を楽しみたいと思っております!

皆様にお会いできることを楽しみにしてます。

   

●Aブロック1番手、まさにトップバッターですね!いや、是非MIWAKUの皆さんの魅力で華々しくDENGEKIをスタートさせていただきたいです!熊本には皆さんのようなエンタメガールズユニットはあまり見ないので楽しみです!


くまもと演劇バトルDENGEKI vol.8

【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円

※予選両ブロック通し券は2000円

 

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL

http://dengeki.main.jp/



こんばんはー!9月の熊本まだまだ暑いです。さぁ、今日はこの方々をご紹介!!


"やりたい事を、やりたい様に。"


劇団「伝劇」


●どんな団体ですか?

→劇団「伝劇」は、宮崎にある小さな私立大学の演劇部です。


「やりたい事を、やりたい様に」をモットーに自分たちの好きなことをして活動ています

●大学の演劇部であり劇団なんですね!前回のDENGEKIで準優勝された「みっくす」を観た際に、皆さんの「そのやりたいこと」というものに温度を感じたんですよ。姉妹が幼少期に過ごした団地での思い出と、次第に素直になれなくなっていく2人の距離感を描いた物語。その姉妹の距離感がすごくリアルで、「こんなことがあって、こんな気持ちになったの」と日記を見せてもらっているような等身大の女の子を感じました。そこから1年、今回はどんな1面を見せていただけるのか楽しみです。



●では、今回の見所を教えてください。


タイトル『白いスカート、トマトケチャップ』

あらすじ:白いスカートを着ているあの子と、地味な服を着た私。


あの子は私を見て、私は手帳を見てる。

***********

女の子の夢と葛藤のお話です。


登場人物達の感情や思いに、観てくださる方たちが何かしらの共感など持ってくれたらいいなと思いながら、みんなで創ります。



●最後にお客様へひとことおねがいします。

→2回目のDENGEKI参戦!

前回の結果を越えれるように、

熊本の皆さんに伝劇の世界観を届けられるように、頑張ります!



●"前回を越える"ということは優勝も期待しちゃいますよね!

劇団「伝劇」の皆さんはBブロックトップバッターで登場です!




くまもと演劇バトルDENGEKI vol.8

【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円

※予選両ブロック通し券は2000円

 

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL

http://dengeki.main.jp/ 



こんばんは!長らく更新が止まってしまってごめんなさい!!

再開しますよー、ということでさかいです。


今回ご紹介するのは福岡から初参戦、結成から1年を経たずして早速の県外遠征に挑戦する彼ら!


"新しい感動を、新しい物語を"

近畿大学産業理工学部演劇愛好会

●それでは、まずどんな団体なんですか?

→今年初めて結成されたフレッシュな団体です。


●大学で愛好会を立ち上げられたんですね!そのバイタリティー、素晴らしい!もうすでに自主公演を重ねられているとか。そして早速の熊本進出。勢いがありますね!


近畿大学産業理工学部演劇愛好会と聞くと関西で活動されているのかな?なんて思ってしまうんですが、福岡のキャンパスで活動されているんですよね。


●それでは今回の作品の見所をおしえてください。

タイトル「レプリカ」

あらすじ:普通に暮らしていたはずの女の子が自分について見つめ直すお話です。

***********

女の子の心境の変化にご注目ください。



●最後にみなさんに一言お願いします。

→ 初めまして。ぜひ最後までお楽しみください!


ありがとうございました。

近畿大学産業理工学部演劇愛好会の皆さんはBブロックに出演です!お楽しみに!


くまもと演劇バトルDENGEKI vol.8

【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円

※予選両ブロック通し券は2000円

 

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL

http://dengeki.main.jp/


こんばんは!

あーーぶない!また更新すっぽかすとこやった!!大丈夫です。酒井、ブログ飽きてません!!

ということで、今日はこの方々を紹介しましょう。


"10年以上。3人未満。"


「劇団濫觴」


●まずは、どんな団体か教えてください!

→旗揚げは2003年8月と長いことやってるようで、自主公演は10回に満たないという劇団です。劇団員2名から増えることが無く。細々と活動してる感じですね。


●熊本では知る人ぞ知る劇団ですよね。雨傘屋へお二人で出演されるなど記憶に新しい方も多いかと思います。

実は私も雨傘屋の「夏の夜の夢」(天野天街 演出)でご一緒してるんですけど、実はお二人だけの作品を見るのは初めてなんです。


●では、今回の作品のあらすじと見所を教えてください。


→タイトル『 The hole 』

あらすじ:

  作家志望の女(木梨香久子)が部屋にいると、何処からともなく男の声が聞こえる。

   遥か未来の世界にいるという男。

   男は歴史研究家で香久子の世界に、香久子は未来の世界に、お互いの世界に興味津々な二人は会話し続ける。少しずつ明らかになる過去と未來。そして二人は・・・

**********

(見所は、)すべてですね。

短編だから、内容すべてが[あらすじ]に書かれてしまってます。ストーリーの流れと音と明かりの使い方にはこだわってます。


●すべて!期待しちゃいますね!

私としては、お二人の特徴的な声が好きなのでそこにも注目していただきたいです。

さぁ、それでは最後に、お客様へひとこと!


→ポケGoやってる方、フレンドになりませんか?あ、一応劇団員も募集してます。



●いや、何でだよ(笑)

もっとあるだろ(笑)


はい、ということで今日は劇団濫觴をご紹介しました!それではまたねー!




【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円

※予選両ブロック通し券は2000円

 

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL

http://dengeki.main.jp/


ついに本番が迫って参りました!出場団体の皆さんはきっと今頃作品創りに燃えていらっしゃることでしょう!!

ならば、私も!!!ということで、実行委員の酒井が各団体の見所等についてご紹介。色々答えてもらいましたよー!


では、さっそく。

今日ご紹介するのはAブロック

"闇夜を照らす灯りの下に、おいしい演劇お届けします"


【灯台とスプーン】


⚫まずはどんな団体かおしえてください!

→灯台とスプーンは、福岡で演劇を作り、上演している団体です。夜の海にひかる灯台のように、「ここから先を照らす演劇」、手を伸ばせば届く、生活に根付いた「おいしい演劇」をコンセプトに、本公演では新作長編を発表し続けています。作品は、詩的でゆるやかな

時間の流れるファンタジーの世界観をベースに、女性的な視点から抱く社会問題や違和感などを織り交ぜつつ「どうやって生きるか、どう社会とつながりたいか」を考えられるものを目指しています。


●以前、私も作品を拝見したのですが、"思慮深い問いかけ"を頂いたように感じました。特に女性として共感したりハッとさせられる部分が多くて、勝手にですけど、灯台とスプーンさんは「女性の味方」ってイメージがあるんですよね。


⚫さて、それでは、今回の作品名、あらすじ、見所を教えてください。


「夏休み夢日記」

あらすじ:夏休みに、おじさんから日記をつけることをすすめられた。

「夢を見たら、それも一緒に書いておくと良い。きっと楽しいし、君が大人になった時何かの役に立つかもしれない」と。

それでぼくは毎日日記をつけることにした。

中庸と書かれた鉛筆を握って、ノートの表紙に「夏休み夢日記」と書いたんだ。

その日夢の中で出会った女の子は、オルゴールを鳴らしていた。

*************


今年で結成4年目の灯台とスプーンが、新作短編演劇を上演します。前回(3年前)参加したDENGEKIでは、東日本大震災から5年後を描いた「漂流」という作品を上演しました。今回も、今私たちが考えたいテーマを用意し、作品創作を行なっています。

灯台とスプーンの新しい仲間「花森もも」 も出演するので、そちらもお楽しみに。

⚫"夏休み"に"夢日記""オルゴール"。キーワードからもロマンチックな予感がしますね。新メンバーも迎えての3年ぶり2回目のDENGEKI!熊本に素敵な灯りをともしていただけることを楽しみにしています!



⚫それでは最後に、お客様へひとことお願いします!

→花森ももさん

「素敵な上演の機会をいただき、ありがとうございます。みなさんと同じ空間を共有できることがうれしいです!」

→柳田詩織さん「ひさしぶりに、熊本のみなさんにお会いできることを楽しみにしています!」

→田村さえさん「ふたたび熊本での上演が叶いうれしいです。今の私たちらしい作品をお届けしたいと思います。宜しくお願い致します。」




ありがとうございました!

皆さんいかがでしたか?これからこちらのブログで他の団体についてもどんどん紹介していきますので、是非チェックしてください。

そして、RT等拡散にご協力いただけると幸いです!!!

それでは、また次回。

実行委員の酒井(演劇ユニット「」)でした。



*************

くまもと演劇バトルDENGEKI vol.8

【日時】

予選:2019年9月22日(日)

Aブロック/13:00〜

Bブロック/18:00〜

本選:2019年9月23日(月祝)

14:00〜

※各ブロック上位2団体+特別審査枠の計5団体が本選へ進出


【会場】

早川倉庫

最寄り:市電呉服町電停(徒歩1分)

熊本県熊本市中央区万町2-4


【チケット】

《予選(各ブロック)》

 一般1500円 高校生以下800円こ

※予選両ブロック通し券は2000円

 

《本選》

 一般2000円 高校生以下1000円

当日券は其々+300円になります。


チケットご予約は公式HPから!

URL

http://dengeki.main.jp/

さてさて!

いよいよ明日、劇団同士の熱い戦いが開戦致します!

今年はどんなDENGEKIになるのでしょう?

笑いあり、感動ありの素敵な時間になること間違いなしだと思います。

今日で各劇団のリハーサルも全て終わり、明日を待つだけとなりました。

楽しみで眠れません(笑)

予選Bブロックはチケット売り止めしましたが、

Aブロックと本選はまだ若干の余裕がありますので、

当日でも「行きたい!」となったらお気軽にお問合せください。


さて皆さん。

お気づきの方も多数いらっしゃるでしょうが、

ここ連日の劇団紹介ですが、

明日本番だというのに

あと二団体残っています。





そう、間違えましたm(_ _)m

見て見ぬ振りをしておりましたが、

もうごまかせないので、

今日は一気に二団体紹介します!


まずはBブロック4番手、「DOGANG」

去年の優勝団体です!

熊大演劇部と共に、vol.1から参加しています。

さらに云えば、代表の冨氏は、ただ一人の出演皆勤賞です!

いわば、Mr.DENGEKIですね(笑)

<コメント>
熊本弁の「どぎゃん?(どうですか?)」という言葉と、
英語の「Do gang(一団となってやんちゃする、遊ぶ)」という言葉の、
二重の意味が込められています。

 「なんでも演れる」というスタイルで、ジャンルは問わずに、年に数回の公演を行っています
今回、人生初の一人芝居ですが、今年も優勝目指して頑張ります!


<作品>
カメレオン
作・演出・出演 冨敬隆


なんと作・演出・出演を全部一人でやるという、まさに強気の一手。

去年の優勝者はどんな作品を作りあげているのでしょうか?



そしてついにラスト!

Bブロック5番手、「劇団 天然木」

天然木さんは家族で劇団をやっていらっしゃいます。

そんな天然木さんが初のDENGEKI参加です!

<コメント>
山都町を拠点に、6人家族+αで活動中。
台本・作曲・美術・振付・衣装を家族で創作し、
自作自演、生演奏の出前ミュージカルを県内外で行っている。
今回は長女のしずく(20)、次女のりんか(16)の二人で創作・上演する。

<作品>
どけいくな
作:久枝りんか
演出:久枝しずく、りんか
傾いた一軒家に住む、怒りっぽくて世話焼きでボケかかったおばあちゃん「タエさん」と
その孫娘が織り成す物語。15年ぶりの二人の夜に、一体何が起きるのか。

熊本とはいえ、山都町を拠点にされているので、市内の劇団とはあまり接点がないため、

今回こうして交流のチャンスが巡ってきて嬉しいですね!

こうした交流もDENGEKIの魅力の一つです。



全団体出揃いました!

果たして今年はどこが優勝を掻っ攫うのか!

お楽しみに!