いよいよ10月に突入です!

早いもので、DENGEKI vol.4まで10日を切りました。
各劇団稽古にも熱が入ってきたところでしょう。

さて、ここで参加団体を紹介したいと思います!

まずはAブロック1番、劇団鳴かず飛ばず×演劇集団宇宙水槽です。

《コメント》
今年こそは参加したいという宇宙水槽と、前回のリベンジを狙っている鳴かず飛ばず。
九州の南にも面白い劇団があるんだと、初の合作で鹿児島勢がDENGEKIに挑戦したいと思っています。

《作品》
走れMEROSt−39〜あの夕日が沈むまで〜
MEROSは激怒しなかった。そもそも運搬用二足歩行ロボットMEROSt−39には感情は存在しなかった。
MEROSは究極の人型ロボットであった。だが、感情を理解することはできなかった。
ある日、MEROSは突然暴走を起こす。ハイスピードランニングコメディー!!
なぜMEROSは走ったのか?


前回も本選に残った劇団鳴かず飛ばず。
そこに演劇集団宇宙水槽が加わり、どんなコラボを見せるのか。
必見です!
 

実行委員会・北村です。

来月10月10日・11日にせまった「DENGEKI vol.4」
いよいよ本日9月1日より、予選/本選共に、チケット発売です!!

ご予約はコチラから→https://ticket.corich.jp/apply/66967/

今年もたくさんのご応募の中から、県内外の若手10団体が集まりました!
ぜひぜひ、10月10日・11日は熊本早川倉庫へ!!


//////

早川倉庫杯 くまもと若手演劇バトル
DENGEKI vol.4

日時:10月10日(土) 13:00〜予選Aブロック/18:00〜予選Bブロック
   10月11日(日) 14:00〜本選
会場:早川倉庫
料金:予選各ブロック 一般 1500円/高校生以下 800円
   本選 一般 2000円/高校生以下 1000円


出場団体
【Aブロック】
1. 劇団鳴かず飛ばず×演劇集団宇宙水槽
2. 熊本大学演劇部
3. RIKKA
4. イチニノ
5. 「」

【Bブロック】
1. 純白奇劇団
2. オルココ2
3. gojunko
4. DOGANG
5. 天然木

 

DENGEKI Vol4 出場団体決定!

今回もたくさんのご応募、ありがとうございました。今年は下記10団体での戦いとなります。
10/10・11は熊本・早川倉庫へ!!
  • Aブロック
    1. 劇団鳴かず飛ばず×演劇集団宇宙水槽
    2. 熊本大学演劇部
    3. RIKKA
    4. イチニノ
    5. 「」
  • Bブロック
    1. 純白奇劇団
    2. オルココ2
    3. gojunko
    4. DOGANG
    5. 天然木
実行委員長・北村です。

今回は「早川倉庫杯 くまもと若手演劇バトル DENGEKI vol.4」に
たくさんのご応募いただき、本当にありがとうございました。

現在、出演団体を選定中です。

発表は6/21(日)予定。
お楽しみに!!
DENGEKI実行委員長・北村です。

今年も!
開催決定しました!
「早川倉庫杯 くまもと若手演劇バトル DENGEKI vol.4」!!



ついに、vol.4です。
2012年に始まったこの企画も4年目を迎えました。


DENGEKIとは
九州の真ん中・熊本で若手演劇NO.1を決めるイベント。
20分の持ち時間の中で各劇団が作品を上演。
お客様の投票により、最優秀作品を決めます。

優勝団体にはなんと、
優勝盾と「早川倉庫2日間貸切権」が授与されます!!
「早川倉庫で公演が打ちたい」熊本の劇団さんや
「熊本で公演したいけど、なんかきっかけが……」っていう県外の劇団さんも
ドシドシご応募ください!!


詳細はWEBページより→http://dengeki.main.jp/index.html

〆切は6月13日(土)
たくさんのご応募をお待ちしております!!
●「早川倉庫杯 くまもと若手演劇バトル DENGEKI vol.3」本選の開催について

 昨日、早川倉庫にて予選A/Bブロックの上演がスタートした「DENGEKI vol.3」。
本日の本選におきましては、現在九州の南側にある「台風19号」の影響が心配されておりますが、
本日の本選は、通常通り開催いたします。

 昨日の予選A/Bブロックの投票と、特別審査の結果により、本日の本選には、
「DO GANG」「劇団ヒロシ軍」「劇団鳴かず飛ばず」「with a clink」「gojunko」の5劇団が出場します。

 本日の本選は、14:00より、熊本市中央区万町の「早川倉庫」にて開催されます。
入場料金は、一般2,000円、高校生以下1,500円となっております。
皆様お誘いあわせの上、ご来場いただきますようよろしくお願いいたします。

 なお、ご来場に際しましては、風雨の影響が予想されますので、お気をつけてご来場ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 DENGEKI 実行委員会
いよいよ本番ですよー!!

いやーあっという間でしたね

全団体リハが終わりました。

どこも個性的なところばかり。

こりゃどこが優勝するかわかりませんわ

さて、劇団紹介オオトリを務めますは、giojunko

なんと東京からの参加!

首都圏ですよ首都圏

田舎者には憧れの言葉です(笑)

しかし、代表の方は熊本出身。

東京で磨かれた熊本人はどんな作品を持ってくるのでしょうか

ではコメント!

|賃里砲弔い
gojunkoは、郷淳子が公演をやりたくなったときに、毎回メンバーを集めて上演するスタイル。本公演では郷淳子が作・演出を担当。その他、海外戯曲、文学作品をモチーフにした創作にも意欲的に取り組んでいる。郷淳子→桐朋学園芸術短期大学芸術科ステージ・クリエイト専攻卒業後、スイスの小劇場にて1年間ボランティア活動。帰国後、ハイバイ、サンプル、庭劇団ペニノなどの演出助手を経て、2011年にgojunkoの活動開始。
 
公演に対する意気込み
生まれ育った熊本で公演が出来て嬉しく思います。
約20分の中に思い出をぎゅっと詰め込みたいと思います。


さぁ!これで全団体が揃いました。

いよいよ、各劇団の威信を賭けた真剣バトルが始まります。

今年の優勝団体はどこなのか!?

これは見なきゃ損ですよ!

当日券も若干あります。

ぜひお越しください!

台風19号が来てますね。中心気圧900hPaなんて稀に見る強さですよ。

最悪の場合、12日にも影響が出てしまうかもしれません。

その場合は12日の10時に実行委員からTwitter・当ブログ等で発表がありますから、皆さま一応注意をお願いします。

ではでは、劇団紹介に移りましょう。

8番目は、with a clink!

熊本では珍しい、ミュージカル専門の劇団です。

とはいえ、劇団四季のような歌って踊ってというようなミュージカルとは少し違います。

あまりミュージカルらしくない、と言っては失礼ですが、その独特な雰囲気が好きな人も多いのでは?

では、コメントをどうぞ

|賃両霾
with a clink = ことりと音をたてて。
2010年6月。
ミュージカルがやりたくて、代表北村を中心に結成。
旗揚げから脚本・楽曲は劇団によるオリジナル。
「見える音楽」を目指し、
日々歌ったり、躍ったりして活動中。
 
意気込み
今年はねらうぞ☆九州一番!
女王は遅れてやってくるのです。


今日は純粋に劇団紹介!

6番目はBブロック1番!

熊本大学演劇部!通称クマエン!

大学生。若手という言葉が似あいますな。

ここ出身の演劇人は数知れず。

今回の出場団体にもたくさんいます。

そんなクマエンのコメントはこちら

・・・と言いたいところですが、なんとコメント無し!

これは極秘事項ということなのか、はたまた余裕の表れなのか・・・

歴史ある熊大演劇部。注目です。


7番目の団体は、劇団鳴かず飛ばず!

初の南九州・鹿児島からの参戦。嬉しい限りです。

薩摩の人々はどのような芝居を持ってくるのか!?

楽しみですね

そんなナカトバのコメントはこちら!

〃狠直匆
2006年5月の旗揚げ以降、鹿児島市内を拠点とし、『鳴かなくても飛ばなくても芝居はできる』をモットーに、バラエティに富んだ親しみやすい演劇で、地元・鹿児島を盛り上げようと活動する社会人劇団です。
舞台芝居だけでなく、幅広いお客様にお芝居を楽しんでいただけるよう、コントライブなども行い、毎回新しい企てを試みています。
近年ではラジオドラマや他団体主催イベント、また個人でのCM・番組出演など、劇場を飛び出し、幅広い分野で活動。
【鹿児島】から面白いものを発信できるよう、劇団鳴かず飛ばずは邁進中です!

意気込み
活動場所は違えど、情熱ある皆さんとこのイベントを盛り上げたいです。
しかし、やるからに“ナカトバ”が一番に盛り上げますよ!


画像から伝わる楽しげな感じ。

頼もしい限りです。

これは見逃せませんな!


 
ここでDENGEKI当日に行われる熊本市内のイベントもご紹介

11、12日の18時から花畑公園を中心に【熊本暮らし人まつり みずあかり】が開催されます。

故郷・熊本の魅力を再発見し、“ここに暮らす喜びや切なさまでも共感できる市民と地域でありたい”ということ。

そして、市民が市民の力でこの祭りを作り、運営し熊本の活力を生み出すこと
をコンセプトに2004年から始まりました。

灯の入った灯篭が並ぶ様はまさに圧巻。

見たら一言目には「うわ〜、きれい…」と言ってしまうでしょう。

NTT西日本前の特設ステージではコンサートも行われる模様。

DENGEKIと合わせ、ぜひ観に来られてはいかがでしょうか?



では、恒例の出場団体紹介。

4番目の団体は、DO GANGです!

昨年度2位!まさに優勝候補!

前回はシュールな世界観の作品でしたが、DOGANGは毎回芝居のジャンル・雰囲気が違います。

昨年観た方々も、「お、今年はこんな感じか」と、新鮮な気持ちで観ることができるでしょう。

そんなDOGANGの団体コメントはこちら!

|賃里砲弔い
2011年1月に旗揚げ。熊本市を拠点に活動中。
熊本弁の「どぎゃん?(どうですか?)」という言葉と、
英語の「Do gang(一団となってやんちゃする、遊ぶ)」という言葉の、
二重の意味が込められています。
「なんでも演れる」というスタイルで、
ジャンルは問わずに、年に数回の公演を行っています。


意気込み
今年は去年の雪辱を果たし、悲願の初優勝をもぎ取ります!

一体どんな作品を持ってくるのか。

ちなみに、DOGANGのDENGEKIでの作品はタイトルに生物の名前が付くのが多いですね。

何かこだわりがあるのでしょうか?



続いて、Aブロックのトリ、5番目登場の劇団ヒロシ軍!

長崎からの参戦!その名の通り、代表の名前はヒロシ!

そして昨年度3位!今年ももちろん優勝候補!

昨年は恋に悩む青年のお話で、会場を爆笑の渦に巻き込んでいました。

今年も笑いを取りにくるのか?それとも泣かせにくるのか?

楽しみですね〜

では、コメントをどうぞ!

|賃里砲弔い
2007年に荒木宏志を筆頭に立ち上げられた劇団ヒロシ軍。
諫早地域を中心に爆発的な活動をスタートさせる。  
そして今や
ヒロシ軍の爆発の被害は長崎県内各地に広がりつつある。
そのスタイルはホールだけには固執せず、
ライブハウス、バーやカフェでもライブする。
どんなハコでも、やりきれるのがヒロシ軍の魅力でもある。
今、長崎で一番熱い劇団と言っても清少納言(過言)じゃない。
ヒロシ軍を簡潔に言い表すならば『情熱、青春、衝撃』の3つ。
つまり青臭いをモットーにした劇団である。

意気込み
絶対に優勝します。いや、優勝させてください。

そのためにめちゃくちゃ面白い舞台をやるので。


県外からにも関わらず、2年連続で参加してくれるのは嬉しいですね〜

長崎からの刺客。熊本陣は対抗できるのか。

乞うご期待!